短時間で誰もが歓喜する仕上がり|草刈を効率的に終わらせる方法

庭

草を生えさせない方法

草むしり

夏場になると生き物の活動が活発になりますが、庭に生えている雑草の数も多くなります。雑草は花などに比べて生命力が強く、定期的に草むしりをしてもすぐに生えてきてしまうため、雑草を抜いた後は庭の雑草対策をしっかり行なう必要があります。効果的な庭の雑草対策として挙げられるのが防草シートや砂利です。防草シートは黒や緑色をしていることがほとんどで、草むしり後に設置すると光合成を抑制することができ、雑草が伸びすぎないように予防できます。また、防草シートの効果は約10年ほど続く上に除草剤と違って薬品なども使用しないのでとても安全です。また庭の雑草対策では砂利も良く使われます。砂利は基本的に防草シートの上に敷き詰めていくのですが、こうすることで防草シートが捲れる心配もありませんし、見た目も良くなります。庭の雑草対策として砂利を敷くときは10センチほどの高さを意識すると良いでしょう。

庭の雑草対策として防草シートや砂利を使うのは良いのですが、やはり基本となるのは草むしりです。草むしりは草が生えてきた頃にするのが当たり前で、多くの人は自分の手で作業を行ないます。しかし、地面に根を張っている草を手作業でむしるのはとても手間のかかる行為で、夏場に行なうと熱中症といった病気を発症する恐れがあります。そのため、草むしりをするなら事前に水を撒いておくと良いでしょう。水分を吸収すると土は柔らかくなり、手で作業をしてもスムーズに草を抜くことができます。また、庭の雑草対策を楽に行ないたいのなら草刈機などを使っても良いでしょう。